受給事例のご紹介

こちらでは実際に担当した案件について事例として掲載いたします。

脳卒中(クモ膜下出血)による器質性精神障害・てんかんによる事後重症請求で障害基礎年金2級。年間約80万円の受給事例。

傷病名 器質性精神障害・てんかん
年金の種類 障害基礎年金
等級 2級
請求方法 事後重症請求
年齢・性別 50代・男性

 

ご相談内容

  数年前、吐き気・頭痛にて救急搬送。奥様とご相談に当センターへいらっしゃいました。

 肢体の不自由で申請できるか相談したくていらっしゃいました。

ご提案内容

 私は、肢体の診断書では、障害年金は不支給になると感じました

 奥様のお話を伺うと、記憶に何かありそうだと感じ、精神科の受診を提案しました。

 精神科に通い始めて、数カ月が経過し先生が診断書をそろそろ書けますよと言った矢先に、病院の前でてんかんで倒れ、さらに数か月後経過後に診断書を書いて頂けました。

 

 
結果

 障害基礎年金 2級受給決定となりました。

脳出血(視床出血)による片麻痺による認定日請求で障害基礎年金2級。年間約80万円の受給事例。

傷病名

脳出血(視床出血)による片麻痺

年金の種類 障害基礎年金
等級 2級
請求方法 認定日請求
年齢・性別 50代・女性

 

ご相談内容

  数年前、痺れと脱力感を自覚。救急搬送。ご家族様とご相談に当センターへいらっしゃいました。

 肢体の不自由で申請できるか相談したくていらっしゃいました。

ご提案内容

 日常生活の大変さを聞き取り、丁寧に病歴就労状況申立書を作成しました。

 

 
結果

 障害基礎年金 2級受給決定となりました。

脳出血(被殻出血)による片麻痺による認定日請求で障害厚生年金1級。65歳からもらっていた年金よりも年間約30万円増加の受給事例。

傷病名

脳出血(被殻出血)による片麻痺 構音障害

年金の種類 障害厚生年金
等級 1級
請求方法 認定日請求
年齢・性別 60代・男性

 

ご相談内容

  64歳のとき脳出血にて救急搬送。半身麻痺と構音障害。老齢年金受給中。65歳を過ぎると原則認定日請求のみケースです。

 現在貰っている、年金と障害年金を比べた場合、1級か2級ならば障害年金をもらったほうが金額が高いとわかりました。

 上記を説明し、やってほしいと家族に言われました。

ご提案内容

 日常生活の大変さを聞き取り、丁寧に病歴就労状況申立書を作成しました。

 

 
結果

 障害厚生年金 1級受給決定となりました。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~20:00 
定休日:土曜・日曜・祝日

受付時間中に留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

営業終了後でもお電話であれば夜21時まで受け付けています。定休日は電話対応をしていません。

お電話でのお問合せはこちら

0225-96-7223

Menu

インフォメーション

お問合せ・ご相談
0225-96-7223

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
受付時間中に留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。
営業終了後でもお電話であれば夜21時まで受け付けています。定休日は電話対応をしていません。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~20:00 

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒986-0806
宮城県石巻市開北2-17-11-1

JR仙石線石巻駅より徒歩15分/車5分
ミヤコーバス「開北橋」より徒歩3分